イベルメクトール12mg

イベルメクトール12mg の商品画像
商品の特徴

糞線虫症(ふんせんちゅう)や疥癬(かいせん)の治療に用いる寄生虫を駆除するお薬です。

日本以外の発送・EMSは不可
cart-line
イベルメクトール12mg 1箱(48錠)
¥ 8,000
カートへ
cart-line
イベルメクトール12mg 2箱(96錠)
¥ 15,600
カートへ
cart-line
イベルメクトール12mg 3箱(144錠)
¥ 21,400
カートへ
cart-line
イベルメクトール12mg 1箱(50錠)
取り扱い終了
cart-line
イベルメクトール12mg 2箱(100錠)
取り扱い終了
cart-line
イベルメクトール12mg 3箱(150錠)
取り扱い終了
cart-line
リデュースセール
製品名Ivermectol 12
一般名イベルメクチン
製造元sun pharma laboratories ltd.
薬効部類毛じらみ・しらみ(駆虫薬)
内容量48錠/箱
50錠 / 箱
発送国 香港
シンガポール

特徴

糞線虫の寄生による糞線虫症やヒゼンダニが皮膚に寄生して起こる皮膚感染症の治療に用いる駆虫薬です。
北里大学特別栄誉教授の大村智博士が発見、開発し、2015年にノーベル医学生理学賞を受賞しています。

熱帯地域などで問題となる河川盲目症(オンコセルカ症)の治療やペットの寄生虫駆除にも長年使用されています。

新型コロナウイルス感染症(COVID−19)への有効性が国内外で報告されていますが、現時点で使用が推奨されている訳ではありません。
必ず使用前に医師にご相談してください。

成分

イベルメクチン12mg

用法用量

【腸管糞線虫症の場合】
通常、イベルメクチンとして体重1kgあたり約200μgを2週間間隔で2回経口投与する。

【疥癬の場合】
通常、イベルメクチンとして体重1kgあたり約200μgを1回経口投与する。

※例)体重60kgの場合、1錠となります。
※本剤は、水とともに服用してください。

副作用

吐き気、カユミ、めまいなどです。
疥癬においては、ヒゼンダニの死滅後に、一時的にカユミがひどくなることがあります。

その他異常が現れた場合は、医師の診察をお受けください。

注意事項

そう痒、発疹、蕁麻疹肝機能異常(AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、総ビリルビン値上昇、γ-GTP上昇)、BUN上昇、下痢、食欲不振、便秘、腹痛、めまい、傾眠、振戦、貧血、好酸球数増加、無力症・疲労、低血圧、気管支喘息の増悪、LDH上昇

中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、肝機能障害、黄疸、血小板減少などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

選ばれる理由

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、 コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.netのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

カートの情報
カートを見る
left-lin
ログイン
新規会員登録
新規会員登録でポイントゲット
インフォメーション
ご利用案内
ご注文方法
個人輸入について
お支払い方法
配送・送料
ポイント説明
会社概要
特定商取引法の表示
プライバシーポリシー
よくある質問
商品リクエスト
サポート窓口
営業日カレンダー
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30