ケフレックス(セフェム系抗生物質)

ケフレックス(セフェム系抗生物質) の商品画像
商品の特徴

セフェム系の第1世代の代表的な抗生物質です。

※商品画像はタイ発送パッケージです。

cart-line
ケフレックス500mg(100錠)
 (฿2850) ¥ 11,400
カートへ
cart-line
セファレキシン250mg28錠 1箱
 ($22.0) ¥ 3,080
カートへ
cart-line
セファレキシン250mg28錠 2箱
 ($26.7) ¥ 3,730
カートへ
cart-line
セファレキシン250mg28錠 3箱
 ($30.0) ¥ 4,200
カートへ
cart-line
セファレキシン250mg28錠 4箱
取り扱い終了
cart-line
セファレキシン250mg28錠 5箱
 ($39.3) ¥ 5,500
カートへ
cart-line
製品名KEFLEX
一般名セファレキシン
製造元タイ:OLIC Limited、香港:Flynn Pharm Ltd
薬効部類淋病(セフェム系)
日本名ケフレックス
内容量タイ:100カプセル / ボトル、香港:28カプセル/箱
関連商品セファレキシン
発送国

タイ

香港

特徴

グラム陽性菌のほか、一部のグラム陰性菌などの細菌による感染症に有効なセフェム系の第1世代の代表的な抗生物質です。
インフルエンザ菌や、緑膿菌、セラチアには効果がありません。
副作用の少ない安全性の高い抗生物質として知られており、ショックなどのアレルギー症状もペニシリン系に比べれば少ないです。

【効能】
皮膚科領域感染症、呼吸器感染症、性感染症(淋菌)、尿路感染症、産婦人科領域感染症(子宮頚管炎)、眼科領域感染症(涙嚢炎、ものもらい、角膜炎)、耳鼻科領域感染症(外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎)

用法用量

通常、成人及び体重20kg以上の小児は、セファレキシンとして1回250mg(力価)を6時間毎に経口服用します。重症の場合や分離菌の感受性が比較的に低い症例に対してはセファレキシンとして1回500mg(力価)を6時間毎に経口服用します。ただし、症状、体重、年令などにより適宜増減。

副作用

過敏症 (発疹、じんましん、紅斑、そう痒、発熱、リンパ腺腫脹、関節痛等)
消化器 (悪心、嘔吐、下痢、軟便、腹痛、食欲不振、胃不快感等)

注意事項

・決められた飲み方を守ってください。症状、年齢、製剤によって用法用量が異なります。
・指示された期間きちんと続けましょう。自分だけの判断で止めてしまうと、再発したり治りにくくなる恐れがあります。

【禁忌】
ケフレックスの成分またセフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある方
ケフレックスの成分によるショックの既往歴のある方
選ばれる理由

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、 コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.netのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

現在の為替レート

USD140.0円
THB4.0円

カートの情報
カートを見る
left-lin
ログイン
新規会員登録
新規会員登録でポイントゲット
インフォメーション
ご利用案内
ご注文方法
個人輸入について
お支払い方法
配送・送料
ポイント説明
ポイントチャージ
会社概要
特定商取引法の表示
プライバシーポリシー
よくある質問
商品リクエスト
サポート窓口
商品名で探す(ア〜ワ)
   
       
商品名で探す(A〜Z)
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z
成分で探す
営業日カレンダー
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31