ワルフマディン 5mg/10mg

ワルフマディン 5mg/10mg の商品画像
商品の特徴

ワーファリンのジェネリック薬で、トルコの製薬会社がつくっています。
主成分がワルファリンナトリウムというもので、血液を固まりにくくする働きがあります。

cart-line
ワルフマディン5mg 1箱(28錠)
¥ 2,500
カートへ
cart-line
ワルフマディン10mg 1箱(28錠)
¥ 3,100
カートへ
cart-line
リデュースセール
製品名Warfmadin
一般名ワルファリンナトリウム
製造元Sanofi
薬効部類高血圧・血管・血液の薬
日本名ワルフマディン
内容量28錠 / 箱
関連の薬プラビックス錠プレタール錠 50mgオルファリン(血液凝固阻止剤)
発送国 香港

特徴

薬効成分ワルファリンナトリウムを含有しており、ワーファリンに含有されている薬効成分ワルファリンカリウムと、期待される薬効薬理は同一となります。
ワーファリンのジェネリック薬です。


血液を固める血液凝固因子は肝臓で生成されるのですが、そこではビタミンKが欠かせません。ワルファリンナトリウムの構造はビタミンKに似ており、肝臓でビタミンKの働きを邪魔することで血液凝固成分の量を減らすことができます。
血液を固めないことで、心臓の弁を人工弁に交換する手術をした方や体質として血栓ができやすい方、脳梗塞や心筋梗塞など経験し再び血栓ができる可能性がある方は、血栓症の治療・予防ができます。

成分

【ワルフマディン5mg】
ワルファリンナトリウム 5mg

【ワルフマディン10mg】
ワルファリンナトリウム 10mg

用法用量

初回投与量を1日1回経口投与した後、数日間かけて血液凝固能検査で目標治療域に入るように用量調節し、維持投与量を決定します。
ワルファリンに対する感受性には個体差が大きく、同一個人でも変化することがあるため、定期的に血液凝固能検査を行い、維持投与量を必要に応じて調節してください。

副作用

肌のかゆみや発疹、炎症、皮膚が斑状に赤くなる、蕁麻疹、発熱、脱毛、出血傾向(鼻血、皮下出血、歯茎の出血、便が黒くなる、血尿)などが報告されています。

注意事項

・飲みすぎると出血を起こしたり、急に服用を中止すると血栓ができたりするかもしれませんので、必ず指示されたとおり服用してください。
・薬の効果をチェックするため、定期的に凝血能検査(トロンボテスト等)を必ずお受けください。
・他の病院を受診される時(歯科を含む)などは、本剤を服用していることを必ず医師・歯科医師にご申告ください。
・出血の危険性が増しますので、創傷を受けやすいことは避けるようにしてください。
・抗悪性腫瘍薬をお飲みの方は必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。
・妊娠中または妊娠の可能性のある方の服用はしないでください。
・骨粗鬆症治療薬、関節リウマチ治療薬をお飲みの方の服用はしないでください。
・本剤の服用中に納豆およびクロレラ食品、青汁、セイヨウオトギリソウ含有食品、大量の緑黄色野菜はとらないでください。
・本剤服用中にアルコールを飲むと薬の作用が変化するので控えてください。
・本剤の服用中に健康食品をとると薬の作用が変化するので控えてください。

選ばれる理由

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、 コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.netのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

カートの情報
カートを見る
left-lin
ログイン
新規会員登録
新規会員登録でポイントゲット
インフォメーション
ご利用案内
ご注文方法
個人輸入について
お支払い方法
配送・送料
ポイント説明
会社概要
特定商取引法の表示
プライバシーポリシー
よくある質問
商品リクエスト
サポート窓口
営業日カレンダー
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30