プログリセム25mg

プログリセム25mg の商品画像
商品の特徴

高インスリン血性低血糖症などに用いられる薬で、血糖値を上げるなどの作用があります。
有効成分としてジアゾキシドを含有しています。

cart-line
プログリセム25mg 1箱(100錠)
¥ 7,200
カートへ
cart-line
プログリセム25mg 2箱(200錠)
¥ 13,800
カートへ
cart-line
プログリセム25mg 3箱(300錠)
¥ 19,200
カートへ
cart-line
リデュースセール
製品名Proglicem 25mg
一般名ジアゾキシド、他
製造元MSD
薬効部類その他
内容量100カプセル/箱
発送国 香港

特徴

高インスリン血性低血糖症などに用いられる薬で、有効成分のジアゾキシドはインスリンの分泌を抑制することで血糖値を上昇させます。

高インスリン血性低血糖症とは、異常分泌されるインスリンによって低血糖症を引き起こす病気で、新生児や乳幼児の発症が主とされています。
高インスリン血性低血糖症は適切な治療が必要であり、新生児や乳幼児の発育に悪影響を及ぼす可能性があります。症例によっては命に関わる可能性もあります。

この薬はインスリンの分泌抑制に役立ち、血糖値を適正な数値に上昇させます。
この特徴により、インスリンの異常分泌が特徴とされる高インスリン血性低血糖症にも用いられています。

成分

1カプセルあたり:ジアゾキシド25mg、乳糖、ステアリン酸マグネシウム

用法用量

【1歳以上の幼小児及び成人】
通常、ジアゾキシドとして1日3〜8mg/kgを2、3回に分割し、8あるいは12時間ごとに経口服用します。
ただし、服用開始時は1日3〜5mg/kgを2、3回に分割服用してください。

【1歳未満の乳児】
通常、ジアゾキシドとして1日8〜15mg/kgを2、3回に分割し、8あるいは12時間ごとに経口服用します。
ただし、服用開始時は1日5〜10mg/kgを2、3回に分割服用してください。

なお、いずれの場合も、血糖値に応じて適宜増減するが、1日最大服用量は20mg/kgまでとします。

副作用

食欲不振や吐き気、嘔吐、むくみや腹痛、多毛症、発疹などがあります。
重い副作用としては、体液貯留、うっ血性心不全、ケトアシドーシス、高浸透圧性昏睡、急性膵炎、膵壊死、血小板減少、肺高血圧症などの症状が現れる場合があります。

その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

注意事項

・飲み合わせによっては、効果が弱くなったり副作用が出やすくなります。他の薬を使用している場合や新たに使用する場合は、必ず医師又は薬剤師にご相談ください。
・持病のある方や、高齢の方は、本剤使用前に必ず医師又は薬剤師にご相談ください。
・飲み始めから数日で血糖値が安定してきます。2〜3週間続けても効果がない場合は、中止してください。
・長期服用時は、血糖や尿糖、尿ケトン値などを定期的に検査しなければなりません。
・腎臓の悪い方は、血液の電解質に異常が出ていないか随時チェックしてください。

選ばれる理由

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、 コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.netのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

カートの情報
カートを見る
left-lin
ログイン
新規会員登録
新規会員登録でポイントゲット
インフォメーション
ご利用案内
ご注文方法
個人輸入について
お支払い方法
配送・送料
ポイント説明
会社概要
特定商取引法の表示
プライバシーポリシー
よくある質問
商品リクエスト
サポート窓口
営業日カレンダー
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30