クエチアピンジェネリック25mg

クエチアピンジェネリック25mgの商品画像
商品の特徴

心の不具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。
心の病気の治療に用います。

cart-line
クエチアピンジェネリック25mg 1箱(30錠)
¥2,400
カートへ
cart-line
クエチアピンジェネリック25mg 2箱(60錠)
¥3,800
カートへ
cart-line
クエチアピンジェネリック25mg 3箱(90錠)
¥4,800
カートへ
cart-line
製品名Quetiapine Teva 25mg
一般名クエチアピン
製造元TEVA
薬効部類統合失調症の治療薬
日本名クエチアピン
内容量30錠 / 箱
発送国香港

クエチアピンジェネリック25mg 特徴

クエチアピンジェネリック25mg錠は、クエチアピンを主成分とする抗精神病薬です。

気持ちの高ぶりや不安感をしずめるほか、停滞した心身の活動を改善する作用があります。
そのような作用から、統合失調症にかぎらず、強い不安感や緊張感、抑うつ、そう状態などいろいろな精神症状に応用することがあります。

さまざまな受容体に作用して、全体的に緩く神経伝達物質の働きを抑えるため、抗精神病の治療薬として使用されています。

統合失調症や双極性障害に効果があり、ドーパミンやセロトニンの働きを抑えることで幻覚や妄想などの陽性症状と、意欲減退や感情鈍麻といった陰性症状を抑制します。

クエチアピンジェネリック25mg 成分

クエチアピン

クエチアピンジェネリック25mg 用法容量

作用時間が短いため、1日3回から服用を開始するのが一般的です。

1回25mgを1日2〜3回から開始して徐々に量を増やし、1日の投与量を150〜600mgにすることを目安に2回または3回に分けて経口投与します。
最大量750mgまで服用できますが、用量は年齢・症状により適宜増減する必要があります。

幻覚や妄想などの急性期の症状が強く出ているときは1日中、効果を持続させる必要があるため、1日3回しっかりと服用し、症状が落ち着いてきたら用量を減らし、1日1回にすることもできます。

クエチアピンジェネリック25mg 副作用

比較的多いのは、眠気、めまい、立ちくらみ、口の渇き、便秘、高血糖、体重増加、神経過敏などです。
とくに飲み始めの強い「立ちくらみ」には十分注意してください。
もし、普通でない不安や焦燥、イライラ、気分の高ぶり、悪い衝動にかられるなど、精神的な変調が気になるときは、医師と連絡をとり指示をあおいでください。

クエチアピンポルファーマ25mgの注意事項

車の運転や危険の伴う作業はしないでください。
糖尿病や中枢神経抑制剤を服用中の人は使用できません。
また、肝機能障害やアドレナリン投与中の人も注意喚起が必要になります。

選ばれる理由

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.netのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

カートの情報
カートを見る
left-lin
ログイン
新規会員登録
新規会員登録でポイントゲット
インフォメーション
ご利用案内
ご注文方法
個人輸入について
お支払い方法
配送・送料
ポイント説明
会社概要
特定商取引法の表示
プライバシーポリシー
よくある質問
商品リクエスト
サポート窓口
営業日カレンダー
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31