ゾニサミド

ゾニサミド の商品画像
商品の特徴

てんかんのけいれん発作を予防するお薬です。

脳の神経の過剰な興奮を抑えて、発作(けいれん、意識消失など)を抑えます。

cart-line
ゾニサミド25mg 1箱(100錠)
¥ 3,900
カートへ
cart-line
製品名Zonimid-25
日本名ゾニサミド25mg
製造元Intas Pharmaceuticals
成分名ゾニサミド
薬効分類抗てんかん薬
内容量100カプセル/箱
関連商品バルパリン200mgトピナジェネリック(トパーズ100)ラミクタール
発送国

香港

特徴

有効成分ゾニサミドを含有した抗てんかん薬です。

てんかんは脳神経の電気信号が必要以上に発射されることで症状を繰り返しますが、有効成分であるゾニサミドは、脳神経の興奮を抑制し刺激を周囲に伝わりにくくて発作を抑えます。
処方頻度が高い治療薬の1つであり、部分発作と全発作のどちらでも処方されます。

成分

ゾニサミド 25mg

用法用量

【成人】
通常、最初1日100mg〜200mg(4〜8カプセル)を1回〜3回に分けて服用します。
以降は1週〜2週ごとに増量を行い、通常1日量として200mg〜400mg(8〜16カプセル)まで漸増し、1回〜3回に分けて服用します。
1日量は最高でも600mg(24カプセル)までなので、増量の際にはこの量を超えないように注意してください。

【小児】
通常、最初1日に体重1kgあたり2mg〜4mgを1回〜3回に分けて服用します。
以降は1週〜2週ごとに増量して通常、体重1kgあたり1日に4mg〜8mgまで漸増し、1回〜3回に分けて服用します。
小児の1日あたりの投与量は、最高で体重1kgあたり12mgまでです。

副作用

副作用で比較的多いのは、眠気やふらつき、けん怠感、無気力、判断力低下、食欲不振、発汗減少などです。
発汗減少は徐々に軽減するようですが、気温が上がる夏場に服用を始める際は、熱中症など注意が必要です。

重い副作用は稀ですが、発疹や発熱といった症状が見られる場合は、速やかに医師に連絡をすることが重要です。

更に極稀ではありますが、重い皮膚症状や肝臓に肺の障害、血液異常に尿路結石などに進展するとの報告もあるので、安易な判断は禁物です。
定期的に各種の検査を受けるようにしてください。

その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

注意事項

・自己判断で使用を中止したり量を加減したりせず、医師の指示通りに服用してください。
・服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
・服用中は、発汗の減少が起こることがあるため体温の上昇に留意してください。
・併用に注意すべき薬があります。他の薬を使用している場合や新たに使用する場合は、必ず医師又は薬剤師にご相談ください。
・持病やアレルギーのある方、妊婦や高齢の方は、使用前に必ず医師又は薬剤師にご相談ください。
・授乳中の方は、授乳を避けてください。
・子供の手の届かないところに保管してください。
・直射日光と湿気を避けて、涼しい場所に保管してください。
選ばれる理由

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、 コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.netのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

カートの情報
カートを見る
left-lin
ログイン
新規会員登録
新規会員登録でポイントゲット
インフォメーション
ご利用案内
ご注文方法
個人輸入について
お支払い方法
配送・送料
ポイント説明
ポイントチャージ
会社概要
特定商取引法の表示
プライバシーポリシー
よくある質問
商品リクエスト
サポート窓口
商品名で探す(ア〜ワ)
   
       
商品名で探す(A〜Z)
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z
成分で探す
営業日カレンダー
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30